整形外科の概要

整形外科は運動器の疾患を対象にする診療科です。

具体的には頚椎・胸椎・腰椎の脊椎周辺の疾患を治療する脊椎外科と肩関節・上腕・肘関節・前腕・手関節・手・手指を診療する手の外科と股関節・膝関節などの関節疾患を治療する関節外科などの専門分野があります。

さらに小児の先天性疾患から発育障害などを診療する小児整形、スポーツ外傷やスポーツに起因する障害を診療するスポーツ整形外科、リュウマチ外科なども含まれます。

身体の構造から見ると、骨・関節・靭帯・筋・腱・神経・皮膚などの疾患を治療する診療科です。

整形外科疾患は手術・注射・投薬・湿布だけでは治療の一部にすぎず、後療法が必要です。後療法は運動療法・温熱療法などを主体としたリハビリテーションです。