カテゴリー別アーカイブ: 禁煙外来

禁煙治療のすすめ

新年、あけましておめでとうございます。

年頭にあたり、皆様はどんな目標を立てられたでしょうか?

タバコを吸われる方には、今年は禁煙に取り組まれることをお勧めします。

禁煙の強い見方である、当院の禁煙治療について、今回はお話ししましょう。

タバコを吸うと、脳にニコチンが働いて、ある快感物質が増えます。
そして、この快楽物質が少なくなると、タバコを渇望するなどの、快楽物質切れの症状が出てきてしまいます。
これが、禁煙を難しくしているメカニズムです。

当院で用いている禁煙治療薬を飲めば、ニコチンの時より少量の快楽物質が出て、ニコチン切れの症状を軽くします。
また、脳でニコチンが働くのを邪魔するので、タバコを吸った時の満足感が得にくくなります。
この2つの働きで、禁煙を助けます。

禁煙治療薬は12週間お飲みいただきます。
12週間のうちに、禁煙を達成しても、
12週の最後までしっかり服用いただくことで、長期的な禁煙の成功率は高まります。

タバコの煙には4,000種類以上の化学物質と250種類以上の毒物もしくは発がん性物質が含まれます。
また、喫煙によりリスクが高まる病気には、肺の病気だけでなく、
脳卒中や骨粗鬆症、糖尿病、心筋梗塞も含まれます。

また、咳や痰が減った、食事がおいしく感じる等、
日々の生活の質も向上します。

タバコをお吸いの方は、ぜひ当院の禁煙外来で、
これらのリスクと決別し、健康な毎日を取り戻してください。

若い方も、禁煙治療を受けられます

従来、禁煙治療で保険適用を受けられるのは、ブリンクマン指数(1日の喫煙本数×喫煙年数)が「200以上」の場合に限られていました。

つまり、1日20本吸う人でも、吸い始めから10年経過していなければ、保険診療を受けられませんでした。

しかし、2016年4月から、年齢が34歳以下の人に限り、ブリンクマン指数に関係なく、医師にニコチン依存症と診断されれば、禁煙治療が保険適用されることになりました。

若い時に禁煙するほど、寿命への影響が少なくなるというデータもあります。

若い喫煙者の方々はこれを機に、ぜひ禁煙をご検討ください。

禁煙外来のご案内

第190回全国禁煙アドバイザー育成講習会

2015年10月25日に高崎健康福祉大学にて開催された
「第190回全国禁煙アドバイザー育成講習会」に参加してきました。

当日のプログラムは、次のようなものでした。

KKEシリーズに学ぶエビデンス
    さいたま市立病院  舘野 博喜
禁煙支援最新情報
    奈良女子大学  高橋 裕子
禁煙支援の秘訣
    禁煙マラソン  三浦 秀史
手ごわいスモーカーもその気にさせる禁煙支援のノウハウ
    奈良女子大学  高橋 裕子
Q&A
    講師全員

どれも日々の禁煙治療に役立つ、有意義な内容でした。

当院の禁煙外来のご案内

禁煙治療を成し遂げるために

当院での禁煙治療は、12週間が標準ですが、
何週目かによって、心に留めていただきたいことは異なります。

(ニコチン切れ症状の出る時期、最もつらい時期、
禁煙効果が出てくる時期などなど…)

当院では、このような週ごとの経過に沿った禁煙治療を心がけています。

禁煙をお考えの方は、ぜひ当院にお越しください。

当院の禁煙治療のご案内

禁煙は、防ぎうる入院を減らします。

予防などによって回避できる入院のことを、防ぎうる入院と言い、

原因となる慢性疾患としては、COPD、糖尿病合併症、心不全、狭心症などがあります。

2015年のオーストラリアでの研究によると、

喫煙は、上記疾患のうち、COPDによる入院のリスクを7倍、

その他の疾患での入院リスクも25~41%増やしたそうです。

また、喫煙期間が長いほど、喫煙本数が多いほど、リスクは増えました。

禁煙により、入院リスクは減少し、禁煙を続けるほど、リスクは減少しました。

何歳から禁煙しても、入院までの期間は延びたそうです。

今からでも、遅くはありません。ぜひ禁煙に取り組み、防ぎうる入院を避けましょう。

禁煙外来のご案内

Drug Alcohol Depend. 2015 May 1;150:85-91. doi: 10.1016/j.drugalcdep.2015.02.028. Epub 2015 Mar 4.
Smoking and potentially preventable hospitalisation: the benefit of smoking cessation in older ages.
Tran B1, Falster MO2, Douglas K3, Blyth F4, Jorm LR2.