カテゴリー別アーカイブ: 回復期リハビリテーション

「第4回公開研修会」を終えて

                                              回復期リハビリテーション病棟

                           理学療法士 石丸 修

平成291118日(土)に公開研修会を開催し、皆様のご協力のもと無事に終了することができました。参加者は、北信地区の介護支援スタッフ22名、当院スタッフ29名の計51名でした。

今回は「他職種を知ろう!~本人の思いをつなぐ多職種連携~」というテーマで開催し、当事者とそのご家族にも参加していただき、非常に有意義な時間を過ごすことができました。参加していただいた皆様のアンケート結果をまとめましたので、ご参照ください。

 

 

 

 

 

アンケート集計結果 院外参加者22名(回収率80%)

 

ご意見・ご感想 今後企画してほしい研修会など

・ご本人、ご家族の話が直接聞けて非常に良かった。

・障害者職業センターの方の話が直接聞けて良い機会になった。

・グループワークが少し難しかった。

・大変面白い内容で、仕事をするうえで、モチベーションが向上した。

・資料が職業別でわかりやすかった。

・その都度、状態や状況に応じた目標設定があって参考になった。

・医師の説明がわかりやすかった。

・グループワークの雰囲気がよかった。

・多職種のつながりが成果を生むことがわかった。

・介護、医療職以外に連携できる職種があることがわかった。

・リスク管理の勉強会をやってほしい。

・多職種連携をテーマに別の事例で研修会をやってほしい。

まとめ

今回の研修では、本人の思いを知って、それに寄り添って、支援することの重要性を知ることができました。本人、家族、そして関わるスタッフも常に葛藤と向かい合っています。その葛藤を知って、意見を押しつけず、自己決定に委ねることも大事であるということを教えていただきました。失敗は常にありますが、小さな成功体験を積み重ねていくことが大切で、今回の研修会開催も、ご本人の努力の積み重ねの結果であるとスタッフ一同感じております。回復期病棟にいる期間は非常に短く、その後の生活期は紆余曲折して非常に長いと思います。回復期病棟スタッフとしては、適切にバトンタッチをし、在宅支援スタッフはその後の多職種の使い分けを適切に行い、つながり続けることが重要であることを学びました。この研修にご協力いただいた、ご本人とそのご家族、また支援スタッフの皆様、ありがとうございました。

 

「第4回公開研修会」のご案内

今回のテーマは「他職種を知ろう!~本人の思いをつなぐ多職種連携~」というテーマで、事例検討やグループワーク、患者様やそのご家族、関わった支援スタッフにお集まりいただきパネルディスカッションを企画しております。とても興味深い内容となっておりますので、ご多忙ののところ恐縮ですが、是非とも奮ってご参加下さいますようお願い申し上げます。

スタッフ一同、心よりお待ちしております。

1.日程      平成29年11月18日(土) 13:00~16:00

          受付開始 12:30~

2.テーマ     「他職種を知ろう!本人の思いをつなぐ多職種連携」

3.研修会場    竹重病院 5階 講堂 (長野市鶴賀田町2099)

4.対象者     介護支援専門員

          保健・福祉・医療・介護従事者 その他興味のある方

5.定員      80名(先着順とさせていただきますのでご了承下さい)

6.申し込み先   竹重病院 回復期リハビリテーション病棟事務局     

          FAXにて申し込みお願いします。

          申し込み書参照(申込期限11月11日)

申し込み用紙はこちら 申し込み用紙 PDF

7.参加費     無料

8.お問い合わせ先 竹重病院回復期リハビリテーション病棟 事務局 石丸 修 まで

          TEL 026-234-1281 FAX 026-235-1365

Mail takesigehp[at]@ybb.ne.jp  ([at]を@に読み替えてください)

※    なお、当日は駐車場に限りがございますので、お近くの方は乗り合わせてご来場ください。

 

 

オータムコンサートを開催しました。

例年行っているサマーコンサートを、今年はオータムコンサートとして開催しました♪

今回は長野医療衛生専門学校 音楽療法科の先生・生徒の方々にお越しいただきました!

患者様も一緒に、歌を歌ったり楽器の演奏を行ったりと楽しまれていました

(^^)!!

患者様からは「楽器の演奏で一体感があった」、「懐かしい気持ちになれた」「知っている曲で楽しくなれた」等の声を頂きました。

来年度の開催が楽しみです♪

 

第69回長野七夕まつり

権堂アーケードで開催されている第69長野七夕まつり

に出展しました。

竹重病院は10年以上前から毎年出展しています。

今年は酉年にちなんで鳥をモチーフにし、七夕ということで男女の愛をテーマにしました。

7月から制作を開始し、患者様の皆様にもお手伝いしていただきました。

結果はSBC信越放送賞を頂きました。

85日まで権堂商店街に飾られています。

CIMG8780

DSCF0746_2

「第3回 公開研修会」のご報告

去る、11月12日(土)に「第3回 公開研修会 医療と介護の連携 ~まずは退院前カンファレンスを充実させよう~」を実施しました。

(詳しくは「第3回 公開研修会」のご案内をご覧ください)

当日は、多数の方々にお集まりいただき、改めて地域連携の重要性を感じました。

ここに、研修会終了後に集めましたアンケートの集計結果をまとめましたので、是非ご参考ください。

今後も定期的に公開研修会を開催する予定ですので、ご参加の程、よろしくお願い致します。

第3回 公開研修会 まとめ(PDF)

「第3回 公開研修会」のご案内

当院では、「地域の皆さんとともに、患者様本位の医療・福祉の実現」の理念のもとに、「地域の医療・福祉の総合したサービス提供」を基本方針としております。

ADL向上・在宅復帰を目指す回復期リハビリテーション病棟では、シームレスな医療供給体制、医療と介護の連携を図るために昨年に引き続き、研修会を企画いたしました。

第1、2回の「医療と介護の連携」というテーマから、今回は「医療と介護の連携。まずは退院前カンファレンスを充実させよう!」という焦点化したテーマで研修会を行いたいと思います。

業務にご多忙とご拝察いたしますが、是非とも奮ってご参加くださいますようお願いいたします。
スタッフ一同、心よりお待ちしております。

1.日程      平成28年11月12日(土)  13:00 ~ 16:00
           受付開始 12:30 ~

2.研修会場    竹重病院 5階 講堂 (長野市鶴賀田町2099)

3.対象者     介護支援専門員
           保健・福祉・医療・介護従事者
           その他興味のある方

4.定員      80名

5.申込先     竹重病院 回復期リハビリテーション病棟事務局
           申込書参照(申込期限 11月10日)

6.参加費     無料

7.お問合わせ先  竹重病院 回復期リハビリテーション病棟 事務局  石丸 修まで
           TEL 026-234-1281 FAX 026-235-1365

13:00  開会の言葉
13:10~13:30 「竹重病院回復期リハビリテーション病棟におけるカンファレンスの現状」
         回復期リハビリテーション病棟   理学療法士 石丸 修

回復期リハ病棟では、退院に向けてどんなカンファレンスをしているの?  どんなスタッフが参加しているの? 家族やケアマネジャーも参加できるの? 

13:35~14:05 「退院前カンファレンスにのぞむにあたって」
            ~生活イメージを共有できるカンファレンスをしよう~
         地域包括支援センター博愛の園 所長
         主任看護支援専門員  穂谷 かつ江 先生

どんな退院前カンファレンスを行えば、退院後の生活イメージを共有できるの?退院後の生活に役立つカンファレンスをするには、どうしたらいいの?

14:15~15:50 「退院前カンファレンスについて考える」
             退院前カンファレンスについて思うこと
         竹重病院 訪問リハビリテーション主任 古城 隆一
         訪問看護ステーションふれあい田町所長 西澤 ひとみ
     ワークショップ
医療と介護・・どう連携したらいいの? まずは、連携して、退院前カンファレンスを成功させてみませんか? カンファレンスで困っていること・・などワークショップで解決してみませんか?

16:00  閉会の言葉

「第2回 公開研修会」のご案内

当院では、「地域の皆さんとともに、患者本位の医療・福祉の実現」の理念のもとに、「地域の医療・福祉の総合したサービス提供」を基本方針としております。

ADL向上・在宅復帰を目指す回復期リハビリテーション病棟では、地域包括ケアシステムの構築を推進することが重要であると考えております。

そこで、シームレスな医療提供体制、医療と介護の連携を図るために昨年に引き続き、研修会を企画いたしました。

業務にご多忙とご拝察いたしますが、是非とも奮ってご参加くださいますようお願いいたします。

スタッフ一同、心よりお待ちしております。

日程:平成27年11月14日(土曜日) 13:00~15:00

研修会場:竹重病院5階講堂

対象者:介護支援専門員、保健・福祉・医療・介護従事者、その他興味ある方

定員:80名

申込先:竹重病院 回復期リハビリテーション病棟事務局

申込期限:11月10日

参加費:無料

お問い合わせ先:竹重病院 回復期リハビリテーション病棟事務局 担当:森本(026-234-1281)

プログラム

 13:00  開会の言葉
 13:05~13:30  「自宅退院後のアンケート調査の結果から」
~見えてきた在宅復帰支援に必要なこと~
                  回復期リハビリテーション病棟認定看護師
                            病棟師長  小林 哲子
 13:35~14:00「退院後支援としてのFIMチェックの取り組み」

~退院後に低下した事例からみられる問題点~
                回復期リハビリテーション病棟主任 森本 正道
 14:10~15:25 「医療と介護の連携について考える」
               ~病院として何が望まれ、何ができるか~
                      竹重病院 作業療法士 高野大貴

15:25  閉会の言葉

 

『週刊朝日』に当院の回復期リハビリが掲載されました。

週刊朝日 2015年8月7日増大号の特集「回復期リハビリのいい病院602」に、

当院の回復期リハビリが掲載されました。

当院は、週刊朝日の調査項目である

・休日を含め、週7日間リハビリの実施

・1患者あたり1週間平均して1日2時間以上のリハビリの実施

・週7日間リハビリを行なっているうえに、リハビリ専従の医師や社会福祉士の配置

・退院後のフォローとして、介護保険による通所リハビリ、訪問リハビリの実施

の全てを満たす、長野県内でも数少ない病院の一つです。

当院でのリハビリをご希望の方は、遠慮なくご相談ください。

回復期リハビリのご案内

平成26年度「第1回 公開研修会」を開催しました

下のような内容で、当院職員による公開研修会を開催しました。

平成26年度「第1回 公開研修会」 プログラム

1.開会の言葉

2.「回復期リハビリテーション病棟の役割」(小林看護師長)

3.「FIM(機能的自立度評価法)講習会」(鳥井主任OT)

4.「地域包括ケアシステムの中で、その人らしい生活・人生をどう支援していくか?」(古城訪問リハビリテーション主任PT)

5.閉会の言葉

研修会には、土曜日午後にも関わらず、
地域のケアマネージャー、福祉用具専門相談員、看護師、理学療法士など、
35名ほどの方々に出席いただきました。
ありがとうございました。

出席者からのアンケートでは、

「竹重病院の取り組みがよくわかった。」
「竹重病院はケアマネにとって身近な病院です。」
「家屋訪問等一緒に考えてやってくれるのでありがたい。」

などの言葉をいただきました。

今後も、公開研修会を開催する予定ですので、よろしくお願いいたします。

回復期リハビリテーションのご案内
作業療法室のご案内
指定訪問リハビリテーション事業所のご案内