カテゴリー別アーカイブ: 院長より

新年のご挨拶

年頭にあたり、謹んで新春のご挨拶を申し上げます。本年も医療法人公生会の理念「地域の皆様と共に患者様本位の医療・福祉の実現につとめます」の目標のもと、職員一同努力してまいりますので宜しくお願いいたします。

戦後団塊の世代が、75才以上の後期高齢者となる2025年には、少子超高齢化社会が到来します。それに合せ日本の社会の仕組みをどうするか、国民皆保険を始めとする社会保障制度をいかに守るか、今から考えていかなければなりません。医療、医学の大発展が寿命の延長に貢献してきましたがそれを支える経済基盤が揺らいでいます。後世の社会に重荷にならない様、効率のよい医療体制が求められています。その観点もあり、医療関係者が総出で長野県内10の医療圏域の状況にあわせ、将来の医療の必要量を見据え、地域医療構想会議を開き検討してきた、地域医療構想(ビジョン)が本年3月に策定される予定です。地域医療構想(ビジョン)の中では病床機能の分化と医療機関連携が求められていますが、当院は急性期病床(32床)地域包括ケア病床(10床)回復期リハビリテーション病床(30床)各々の役割をしっかり果しつつ、地域の皆様を支える様努力してまいります。また地域内での医療、介護、生活を提供する機関との連携をより強化し、皆様が住み慣れた地域で最後まで輝いて生活できる様地域包括ケアシステムの構築にも協力していきたいと考えています。

当法人内訪問看護ステーション「ふれあい田町」、居宅介護支援事業所、訪問リハビリテーション、介護老人保健施設「ケアポート三輪」、地域包括支援センターケアポート三輪との連携協力を密にしながら、地域の中で、医療から介護まで、安心感を与えられ、便利で満足していただける施設としての役割を果たしてまいります。

 

最後になりましたが、本年も皆様にとりまして幸せに満ちた良い年でありますようお祈り申し上げます。

平成29年1月

院長 竹重 王仁

新年のご挨拶

年頭にあたり、謹んで新春のご挨拶を申し上げます。本年も医療法人公生会の理念「地域の皆様と共に患者様本位の医療・福祉の実現につとめます」の目標のもと、職員一同努力してまいりますので宜しくお願いいたします。

長野県の年齢別人口推計によると、昨年10月時点で県の総人口は209万6952人で、2001年をピークに徐々に減少しています。年齢構成をみると、65歳以上の高齢化率は30.0%に達する一方、年少人口(0~14歳)は13.1%と過去最少となり、生産年齢人口(15~64歳)も57%と過去最少となりました。まさに人口減高齢者増の超高齢化社会が進行しています。今後高齢化の進展に合せ弱者としての高齢の方に寄り添う医療・介護の包括ケアが求められています。

さて昨年6月政府は、2020年度までの国・地方合わせた、基礎的財政収支(プライマリーバランス)を黒字化する財政再建目標掲げ、その実現のためのいわゆる「骨太方針2015」を閣議決定しました。その方針の中で、社会保障分野については社会保障・税一体改革を確実に進めつつ、世界に冠たる国民皆保険、皆年金を維持し、次世代へ引き渡すことを目指した改革を行っていくとしています。2018年度までの3年間を集中改革期間とし、高齢化による社会保障費自然増6700億円を5000億円(3年間で1.5兆円程度)に機械的に抑制することを決定しました。

本年度からの3年間は医療機関にとって大きな変換期になります。2016年診療報酬改定、地域医療構想の策定、2017年消費税増税、2018年診療・介護報酬同時改定、医療費適正化第3次計画が待ち構えています。国が増大する社会保障費を抑制する方向へ誘導するなか、公生会も医療の質の向上と効率的な医療提供を求めるとともに、患者様の権利を守り、判りやすく説明し、理解同意を得ながら進んでいきます。

当法人内訪問看護ステーション「ふれあい田町」、居宅介護支援事業所、訪問リハビリテーション、介護老人保健施設「ケアポート三輪」、地域包括支援センターケアポート三輪との連携協力を密にしながら、地域の中で、医療から介護まで、安心感を与えられ、便利で満足していただける施設としての役割を果たしてまいります。

最後になりましたが、本年も皆様にとりまして幸せに満ちた良い年でありますようお祈り申し上げます。

平成28年1月

院長 竹重 王仁

新年のご挨拶

年頭にあたり、謹んで新春のご挨拶を申し上げます。
本年も医療法人公生会の理念「地域の皆様と共に患者様本位の医療・福祉の実現につとめます」の目標のもと、職員一同努力してまいりますので宜しくお願いいたします。
昨年は国内各地で災害が多発した1年でした。
県内でも2月の豪雪、7月の南木曽町での大規模土石流、9月の御嶽山大噴火による57名の死亡、11月の県北部震度6弱の神域断層地震とさまざまな災害に見舞われました。
神域断層地震では長野市内でも多くの被害が発生しました。
平成24年新築の当院は免震構造であるため、全く被害は発生せず、入院療養中の方々も安心して過ごしていただきました。
さて昨年6月には医療法を含む「地域における医療及び介護の総合的な確保を推進するための関係法律の整備等に関する法律」が公布されました。
団塊の世代が75歳以上となる2025年に向け病床の機能分化と連携、在宅医療・介護の充実等、地域の特性に応じた地域包括ケアの推進が着実に進められようとしています。
当院も当法人内訪問看護ステーション「ふれあい田町」、居宅介護支援事業所、訪問リハビリテーション、介護老人保健施設「ケアポート三輪」、地域包括支援センターケアポート三輪との連携協力を密にしながら、
地域の中で、医療から介護まで、安心感を与えられ、便利で満足していただける施設としての役割を果たしてまいります。
平成2年開設の総合リハビリテーションセンターは、今年開設満25年となります。
スタッフの充実、地域との連携を図りリハビリテーションサービスの向上に努めてまいります。
特に回復期リハビリテーション、発達障害のリハビリテーションには、力を入れてまいります。
平成6年開設の訪問看護ステーション「ふれあい田町」も開所後20年が経過しました。
在宅医療の重要性がさけばれる昨今、訪問看護はその核となる機能を有しています。
「日常の療養生活の支援」、「急変時の対応」といった機能を更に高め皆様の御役に立てるステーションにしてまいりますので、御期待下さい。
最後になりましたが、本年も皆様にとりまして幸せに満ちた良い年でありますようお祈り申し上げます。
平成27年1月
院長 竹重 王仁