薬剤部

薬剤部に関する投稿もご覧ください。


多職種で協働しています

独自のデータベースを構築し、特色のある医薬品情報提供、服薬指導等の業務を実施しています。薬剤師業務のみならず、検査・看護・リハビリ情報もデータベースに取り込み、多職種の協働に役立てています。

学会発表等

2019年9月:北陸信越薬剤師学術大会 口頭発表「配薬アシストシートの構築と運用」

2019年2月:長野県薬剤師会学術大会 口頭発表「薬剤師にできるAMR対策~ワクチン接種を増やす取り組み~」

2018年6月:日本病院薬剤師会「地域包括ケアシステム・回復期における病院薬剤師の介入効果に関する調査」において優良事例として掲載

2018年3月:「業務フローモデルを用いた薬剤業務の質保証2―入院注射業務の比較・検討(第2報)―」

2017年9月:全日本病院学会in金沢 口頭発表「業務フローモデルを用いた入院定時注射業務の比較分析」

2017年6月:ワーキングの成果物を「業務フローモデルを用いた薬剤業務の質保証―入院注射業務の比較・検討―」として出版

2017年2月:日本医療マネジメント学会 東京支部学術大会にて口頭発表(招聘)「中小病院における『調剤アシストシート』の活用」

2016年4月~2018年3月:全日本病院協会 医療の質向上委員会 質保証プロジェクト ワーキング(月1回開催)参加

2014年9月:全日本病院学会in福岡 医療の質向上委員会シンポジウム シンポジスト(招聘)

資格取得状況

日本薬剤師研修センター 研修認定薬剤師 1名

日本病院薬剤師会 感染制御認定薬剤師 1名

日本医療情報学会 医療情報技師 1名

長野市薬剤師会 禁煙サポート薬剤師 2名


院外処方せんを発行しています

外来患者には原則として院外処方せんを発行しております。
患者様のご希望のかかりつけ薬局に院外処方箋をご持参の上、薬をお受け取りください。
院外処方箋の有効期限は、交付日も含めて4日です。

後発医薬品を積極的に使用しています

後発医薬品とは、先発医薬品(新薬)の特許期間等が終了した後に販売される、先発医薬品と同じ成分、同じ効き目の薬です。
ジェネリック医薬品とも呼ばれています。
先発医薬品と比較して値段が安いことが特徴です。
後発医薬品の品質・有効性・安全性は、厚生労働省で審査されています。
院では、患者様の経済的負担に考慮し、積極的に後発医薬品を使用しています。

服薬指導を行なっています

入院された患者様に対して、薬の説明(服薬指導)や、医療スタッフへの医薬品情報提供を行なっています。
服薬指導では、医薬品情報管理システムを活用して、きめ細かな指導を行なっています。

教育体制が充実しています

薬剤師の資質向上のために、昼休み・終業後等に、勉強会を頻繁に行なっています。
院内では、医師・看護師等、他職種との勉強会を開いたり、薬剤師が講師となることもあります。
院外では、近隣調剤薬局との合同勉強会も行なっています。
また、薬剤師全員が長野市薬剤師会の会員なので、薬剤師会主催の研修会にも無料で参加できます。(常勤薬剤師は、病院薬剤師会にも入っています)