薬剤部

院外処方せんを発行しています

外来患者には原則として院外処方せんを発行しております。
患者様のご希望のかかりつけ薬局に院外処方箋をご持参の上、薬をお受け取りください。
院外処方箋の有効期限は、交付日も含めて4日です。

後発医薬品を積極的に使用しています

後発医薬品とは、先発医薬品(新薬)の特許期間等が終了した後に販売される、先発医薬品と同じ成分、同じ効き目の薬です。
ジェネリック医薬品とも呼ばれています。
先発医薬品と比較して値段が安いことが特徴です。
後発医薬品の品質・有効性・安全性は、厚生労働省で審査されています。
当院では、患者様の経済的負担に考慮し、積極的に後発医薬品を使用しています。

簡易懸濁法を採用しています

簡易懸濁法とは、錠剤やカプセル剤を、そのままぬるま湯に入れて崩壊させ、服用して頂く方法です。
予め、粉砕しないことで、薬の効果・安定性が保たれます。
その他、薬の内容量が減らない、薬の内容が確認できる、中止・変更に簡単に対応できる等、様々な利点があります。

入院患者様には、専用のパンフレットをお配りし、簡易懸濁法のメリットや方法を説明させていただきます。

医薬品情報を活用しています

当薬剤部では、独自に構築した医薬品情報管理システムを使って、安全性の高い業務を行っています。

調剤時には、併用禁忌、重複処方等を自動で検出する他、システムに蓄積した薬歴を参照することで、薬学的に改善の余地がある処方に対して、確実に疑義照会を行なっています。
薬剤管理指導時には、問題リストの作成、薬歴やお薬説明書の出力をシステムで行なっています。
採用品の使用上の注意改訂情報等は全てシステム内で電子化されており、容易に参照することができます。

この医薬品情報管理システムは、薬剤部のみならず、病棟・医局・検査部・放射線部等、院内全体で用いています。
医師・看護師等が容易に医薬品情報を入手することができるようになっている他、入院患者様の検査結果や、特定健診のデータ、造影剤の使用データ等も確認できるようになっています。
これにより薬剤部では、検査値を基に処方鑑査や副作用回避を行なったり、造影剤と飲み薬との相互作用をチェックしています。

確実な調剤を行なっています

薬の取り間違いを起こさないよう、量り取りが必要な粉薬等は、量り取った薬の品名・秤量を医薬品情報管理システムに記録し、誤りがあれば、その時点でエラーを表示するようにしています。
また、薬袋や注射ラベルでは、ハイリスク薬を強調表示させ、注意を喚起しています。
一包化する薬には、患者名・服用日・服用時点を印字し、病棟での配薬が確実に行われるようにしています。

徹底した医薬品管理を行なっています

薬剤部内のみならず、病棟の医薬品等も管理しています。
在庫数、有効期限は全て上述の医薬品情報管理システムで管理しており、実地棚卸等と併せて、確実な医薬品管理を行なっています。

医薬品の発注は、医薬品情報管理システム上で不足見込み分を自動計算し、発注しており、常に適正な在庫量となっています。

服薬指導を行なっています

入院された患者様に対して、薬の説明(服薬指導)や、医療スタッフへの医薬品情報提供を行なっています。
服薬指導では、医薬品情報管理システムを活用して、きめ細かな指導を行なっています。

生涯教育を行なっています

薬剤師の資質向上のために、頻繁に勉強会を行なっています。
院内では、看護師等、他職種と勉強会を開いたり、薬剤師が講師となることもあります。
院外では、近隣調剤薬局との合同勉強会も行なっています。