作業療法室

作業療法とは

作業療法(OT)とは、様々な「作業」=生活動作、趣味活動、遊び、社会的活動、勉強、仕事などを訓練に取り入れて、心身機能の改善や生活動作能力の向上を図り、社会生活への復帰を促進していくリハビリテーションです。

入院部門

adl
病棟では実際の生活場面を想定し、退院先で必要となる動作の訓練を行います。
動作の獲得状況に応じて、ご家族様への介護指導や住環境整備のアドバイスも行います。

house_keeping
退院後の生活に必要な技能は、一人一人異なります。
個人の生活スタイルに合わせて家事の訓練や復職に向けた訓練、畳の上での動作や屋外活動の訓練なども行います。

hand_work
手工芸やゲームなども手の機能や認知機能の向上のために活用します。
個人が楽しめる活動は寝たきりを防ぎ、他者と交流するきっかけにもなり、リハビリテーションの効果をより高めます。

小児外来部門

pediatrics
小児外来では、お子さんの ”ちょっと気になる行動” や、生活の中で親御さんの抱える ”困り感” に対応いたします。
遊びなどを通して個々のお子さんに合った発達課題を獲得していけるように関わっています。また、ご希望に応じて園や教育機関、各種事業所等と情報共有を行い、お子さんの育ちを地域の皆様とサポートします。

※心理士(公認心理師)による発達相談、心理検査等も行えます

療育に関するご案内は  しおり(PDF)  をご覧下さい。